紫蘇ジュースと酒風呂(紫蘇)で夏のデトックス

moromi.gif女将のモロミです。

夏に紫蘇がいいというのを聞いたことがありませんか?
丁度いまが赤紫蘇のシーズン。
私は健康と美容にもよい赤紫蘇を酒風呂と紫蘇ジュースで楽しんでいます。「すっぴん酒風呂 紫蘇」で入浴するときに、雑誌とグラス1杯の紫蘇ジュースをバスルームに持ち込んで、汗を思いっきり出しています。

紫蘇の発汗、デトックス効果が外と内からダブルできいているのか
紫蘇の酒風呂だけ、あるいは紫蘇ジュースだけよりも汗がたっぷり出ます。
湯上りにもう1杯冷たい紫蘇ジュースを飲めば、汗もすっと引いて更に爽快です。

紫蘇ジュースは赤紫蘇、水、砂糖、クエン酸があれば簡単に作れます。
私の場合はクエン酸の代わりにレモン汁を使いました。
甘さ、酸味も調節できるので手づくり紫蘇ジュース是非お試しを!

<紫蘇ジュース> ※冷蔵庫で保存してください。
DSCF1865.JPG
【材料】赤紫蘇:350g、水:2リットル、
砂糖:1kg、クエン酸:25g(薬局で購入)
※濃縮タイプのレシピです、
水やソーダで割って飲んでください。
※ストレートで飲む場合は
砂糖とクエン酸の量を減らしてください。

【作り方】
1)赤紫蘇の葉を水洗いし、土や汚れを取り除く。
2)鍋でお湯を沸かし、ぐらぐらと沸騰した中に赤紫蘇を入れ、アクを取りながら5~10分ほど煮出す。
3)赤紫蘇の葉を取り除く。
4)鍋の中に砂糖を投入し、弱火で溶かす。
5)クエン酸を加える。(レモンの絞り汁でもOK)
6)自然に冷ましてから、ガーゼやクッキングペーパーなどで漉して瓶やペットボトルに詰める。


<紫蘇について>
siso.jpg
紫蘇は梅干しなどの色づけや、葉を乾燥させたものはふりかけに用いたり、香辛料や刺身のつまにも用いられます。漢方医学では主に赤紫蘇の葉を「蘇葉(そよう)」または「紫蘇葉(しそよう)」といい、気が停滞している状態の改善や精神安定のための漢方薬に用い、熟した果実は咳、喘息、便秘などの治療に用います。紫蘇の葉に含まれるロズマリン酸はアレルギー疾患に有用として健康食品としても利用されています。