福光屋は、平成26年度「ダイバーシティ経営企業100選」(経済産業大臣表彰)を受賞しました。「ダイバーシティ経営企業100選」とは、多様な人材の積極的活用に向けた動きの加速化を図ることを目的に、ダイバーシティ(多様性)経営によって企業価値向上を果たした企業を平成24年度から数年程度かけて累積で約100社に経済産業大臣表彰するものです。

福光屋は、年俸制の女性社員を中心に化粧品事業・食品事業を新規展開、酒蔵からの進化を実現したことが評価されました。詳しくは、平成26年度「ダイバーシティ経営企業100選」ベストプラクティス集の75~78ページをご覧ください。

20150318_ダイバーシティ100選表彰式_事務局s.jpg
2015年3月18日(水)にイイノホール(東京都千代田区内幸町)にて開催された表彰式
(写真提供:平成26年度ダイバーシティ経営企業100選 事務局)


◎受賞理由
「年俸制」の女性社員を中心に化粧品事業・食品事業を新規展開、「酒蔵」からの進化を実現


◎ダイバーシティ経営の背景とねらい
○老舗酒蔵が日本酒の"効能"に着目、新規事業として化粧品事業を展開
○多様なバックグラウンドを持つ人材の協業によるアイディアの創発

◎ダイバーシティ経営推進のための具体的取組
○中途採用社員の活躍を支える「年俸制度」
○部門横断での情報共有と現場の声を拾い上げる仕組みの構築
○部門横断で組成された女性4人の「SAKEBROJECT」が新たな美容市場を開拓

◎ダイバーシティ経営による成果
優秀な女性の活躍による健康美事業、店舗事業の躍進と事業展開
「酒風呂」市場の創出とブランド力の向上




 (「株式会社 福光屋」の掲載:75~78ページ)


これからもスタッフ一丸となって、伝統技術を進化させながら米と醗酵による生活文化の創造とご提案に取り組んでまいります。

生姜まつり

moromi.gifこんにちは、モロミです。暑くなってきましたが、こんな時こそお風呂にお湯をはって入浴し、夏バテ予防に心がけましょう。シャワーばかりだとすっきり疲労が抜けないものです。

さて、昨日はSAKEBROJECTでは恒例となった、波自加弥神社(はじかみじんじゃ)での生姜まつりに参詣してきました。はじかみ=生姜の意味で、波自加弥神社は金沢市二日市町にある日本で唯一の香辛料の神様をお祭りする神社です。

今年も「すっぴん酒風呂専用・原液 生姜」と、アミノリセプラスの「生姜de生姜」「三温生姜」を奉献し、商売繁盛とこの商品を使われるお客様の無病息災を祈願してきました。拝殿の中には全国各地から奉納された生姜や生姜製品が所狭しとお供えされていました

儀式の最後には清水を汲んで来て鉄釜で沸かしたお湯に、奉納された生の生姜をすり下ろしたものを宮司さんが加えて「生姜湯」が作られ、参拝者に振る舞われました。今年は日曜ということもあり、一般の参拝者の方も多く、学校がお休みの小学生も興味深げに儀式の様子を見学していました。本当にとっても珍しいお祭りです。

今年の夏も生姜パワーで皆様が健康で過ごせますように。
生姜まつり2014_1.JPG
DSC_3649.JPG
DSC_3665.JPG

moromi.gif

女将のモロミです。ごぶさたの更新です。

随分と寒くなってきて、間もなく冬至を迎えます。2013年の冬至は12月22日。そしてこの日は酒風呂の日でもあります。冬至は1年で最も日が短く、この日を境に日が長くなることから、一陽来復といって上昇運に転じる日とされてきました。冬至に柚子湯に入るのは、運を呼び込む前の禊(みそぎ)の意味があり、柚子の芳香には邪気を払う力があると考えられてきたからです。

冬が旬の柚子は、柑橘類に多く含まれる身体を温める成分やビタミンCによって、血行促進や風邪予防、美肌効果などが期待できます。柚子湯の風習は、先人が実体験から得た知恵なのかもしれませんね。

さらに、モロミのおすすめは、柚子湯に「すっぴん酒風呂専用・原液 純米」を加えた「柚子酒風呂」です。今年の冬至は「柚子酒風呂」で、より高いリフレッシュ効果と保温・保湿効果を体感しませんか。相乗効果で冷え性の緩和や疲労回復にも最適。冬至だけでなく、冬場を通じてこの入浴方法を楽しめば、元気に冬を越せそうです。

すっぴん酒風呂の詳細はこちら

柚子湯.jpg

<酒風呂の日>

日本記念日協会では、冬至・春分・夏至・秋分を酒風呂の日に定めています。四季の節目に健康増進を図るためや、冬至が「杜氏」や「湯治」と同じ「とうじ」と読むことにも由来しています。

しょうが祭り

moromi.gif
今年も金沢市の郊外にある「波自加彌神社」で6月15日に催される「しょうが祭り」に参詣してきました。全国で唯一、生姜(しょうが)、山葵(わさび)などの香辛料の神様をお祭りし、神社の名もずばりショウガの古名「はじかみ」という名がつく神社です。

全国の食品メーカーから生姜製品もたくさん奉納されていました。福光屋からも新商品「アミノリセプラス 生姜de生姜」をはじめ、「アミノリセプラス 三温生姜」と「すっぴん酒風呂 生姜」を奉納して玉串を捧げ、お客様の健康と商売繁盛を祈願して参りました。

神事の後には、参拝客に「生姜湯」が振る舞われました。特別な清水を汲んできて湧かしたお湯に、新鮮な生姜をすりおろしたものを加えたありがたい一杯です。生姜は古来よりその殺菌や健康効果が注目されて来た食材。いろいろな食品・料理に使われ、信仰があついのも、その生姜パワーを皆が知っているからなんでしよね。夏の健康、美容に「生姜」おすすめです! もちろん、「すっぴん酒風呂 生姜」も夏の美肌とクーラー病対策におすすめです。

IMG_1557.jpegのサムネール画像
IMG_1549.jpeg

生姜アイテムが仲間入り。

moromi.gifこんにちは、女将のモロミです。すっかり春めいてきましたね。この春、福光屋は醗酵祭りとでもいいたくなるような、新商品の発売が目白押しです。醗酵食品といっても、伝統的な醗酵食品から進化した、新・醗酵食品です。

3商品が発売されたなかから、今日は「すっぴん酒風呂 生姜」つながりで、「ノンシュガージンジャーエキス 生姜de生姜(しょうがでしょうが)」をご紹介します。生姜が血行や代謝をよくしてくれて、冷えにも効くというのは冷え性女子でなくても広く一般に知られていますよね。昔から殺菌力や臭い消しなどでお料理にもよく使われてきました。風邪のときには生姜湯なんてのも、体があたたまる民間療法としておなじみ。

shougadeshouga_b.jpgこの「生姜de生姜」は既に販売されていた「三温生姜」の姉妹品として登場。糖分は一切加えず、コメ発酵エキスと高知産の黄金生姜、大生姜で作られているので、ピリ辛好きのジンジャラーにはたまらない逸品に。無糖なのでお料理にも使え、生姜紅茶などを楽しむ際も無糖や好みの分量で糖が加えられます。より自分好みに使えるってことね。
どんな風に使えるか、私も実験してみたので参考にしてみてくださいね。おすすめは豚の生姜焼きなど、熱を加えるお料理。上質な生姜を使っているだけあって、普段スーパーで売っている生姜とは比べ物にならないほどいい香りですよ。そして生姜を加熱すると、辛み成分のジンゲロールがショウガオールに変化します。ジンゲロールは手足を温め、ショウガオールは胃腸を刺激して体の深部から身体を温める効果があるそうよ。

ノンシュガージンジャーエキス「生姜de生姜」

甘酒に加えて              炭酸水で割ってジンジャエール
生姜de生姜&甘酒1.jpgのサムネール画像 ジンジャーエール1.jpgのサムネール画像

冷や奴に薬味として         カレーの隠し味に
写真 4.JPG カレー1.jpgのサムネール画像

お刺身醤油にも生姜!          鉄板メニューの豚の生姜焼き
刺身.JPG 生姜焼き.JPG

ノンシュガーなので用途は幅広く、アイデア次第で使えそうです。
おすすめの活用法などがあれば、ぜひ皆さんも教えてくださいね。

あの女優さんも、清酒女子!?

moromi.gifこんにちは、女将のモロミです。

近ごろ話題の「清酒女子」って、皆さんご存知ですか?
日本酒というと男性のイメージがあったと思いますが、最近はおしゃれに日本酒を愉しむ女性が増えていて、「清酒女子」と呼ばれているそうです。しかも、日本酒を飲むだけでなく、肌につけたり、お風呂に入れたり、美容にも活用しているのが特徴です。

女優の長澤まさみさんも、そんな清酒女子のお一人のようです。
1月30日に行われた『VOCE』の「2012年もっともビューティーな人」に贈られる「THE BEST BEAUTY OF THE YEAR 2012」ベストコスメ年間グランプリの授賞式で、「お気に入りのコスメ」として「お風呂にお酒を入れています」と酒風呂を実践されていることを話されていました。詳しくはニュース記事や会見の動画などをご覧ください。

長澤まさみ 美肌の秘訣は日本酒 「飲むのも入るのも」日本酒党

こちらは記者会見の様子を動画で紹介されてました

お肌も脚もほんとにキレイですね(*^_^*)
美容のために続けていることは「きちんとメイクを落とす」など、
基本を大事にされているそうですよ。